FC2ブログ

なぜ保護犬をトレーニングすることにこだわるのか?その1

「なぜ保護犬をトレーニングすることにこだわるのか?」その1

いくつか理由があるので連載形式にしていきます

よく動物愛護先進国のドイツは、殺処分ゼロでペットショップには犬猫の展示販売はしておらず、ティアハイムという民間の保護施設へ〜中略
日本も見習うべきだ!
というような記事を読まれた方も多いと思います

そうなんです、見習うべきなんです
ただし

(なぜ殺処分ゼロに等しいことを実現出来ているのか?)については
あまり浸透していない気がしています

ドイツでは犬を飼えば、飼い主がしつけをすることは当たり前というのがスタンダードです
教室によって色々あると思いますが
犬を迎え入れたらまずは飼い主さんと一緒に週3〜4回の教室を3ヶ月間ほど通われるそうです
時間にすれば40〜50時間は最低限の犬と暮らすためのノウハウや人に迷惑をかけないトレーニングを教室で学びます

そういったしつけ教室が無数にあります
また犬に関するコミニティーが沢山あり、教室を卒業後も飼い主さん達が集まり、犬と一緒に社会生活を送るための様々な学習の場があるのです

ちなみに犬のしつけを怠るとドイツ人の感覚では
(アイツは犬もしつけれないダメな人間だ)
とレッテルを貼られ、距離を置かれるそうです

ここからは実際に現地で見た感想です

街を歩いてると沢山の飼い主さんが犬と散歩をしているのを見ます
それが‥
日本では見たことのないぐらい、しつけられたお利口さんなワンコばかりなのです
これには頭を殴られたようなカルチャーショックを受けました

人に飛びかかることも
吠えることもなく
もちろんリードを引っ張るとかなく
飼い主さんと楽しそうに歩いているのを沢山見ます

デパートやレストラン、ショップ、電車の中まで犬と一緒に過ごしているのを見かけます
決して犬は騒いでいません

日本ではノーリードはもちろん禁止ですが
あちらこちらでノーリードで歩いているのも見ます

凄かったあるデパートの入り口で見た出来事
(写真はその時の様子です)

13007093_974222709298233_8609610479758359326_n.jpg


人の出入りが多い、繁華街のデパートの入り口でシェパードの雑種のような大きな犬がジッと入り口を見て待ってました
ノーリードです
きっと飼い主さんが買い物しているのを待っているのでしょう

12993334_974222702631567_8532724312015447113_n.jpg



日本ならこれだけで通報ものです
自分でもこんな大型犬がフリーで居たら悲鳴をあげますよ(笑)

歩いているとこういう光景をよく見かけたので、この時しばらくどうするのか観察してみました

するとデパートの出口からリード付きでビーグル?を連れた男性が出てきて、出口付近で犬同士チョイチョイと静かに挨拶をしました

13007331_974222722631565_4922392694891226784_n.jpg

そして男性は近くの信号機まで移動して青になるのを待っています
するとシェパード?のほうがムクッと立ち上がり、ビーグルのほうへノロノロと歩いて行きました
信号待ちしているビーグルは興味深々でシッポを振っています

ビーグルの飼い主さんは大きな犬が近づいて来ても別段慌てることもなく、犬のほうを見もしません

IMG_2381_c.jpg

IMG_2383_c.jpg

IMG_2382_c.jpg


(わっ!どうなるんだろ‥)
ハラハラしながら見てたら

シェパード?はビーグルの側まで行き、鼻と鼻をチョンとつけて挨拶をして
またデパートの入り口まで戻り、オスワリをして飼い主さんを待っていました

IMG_2387_c.jpg


もう中に小さい人間が入っているのかと思いましたよ(笑)

犬が今何をすべきでどうしたら良いのかを自分で考えられるぐらい、学習し社会性を持っているのです

人混みの中で、大人しく待つだけでも相当ハードルが高いのに
そこに飼い主がいない
しかもノーリードで
他の犬のところに行っても戻って待つって!

そしてその光景を誰も不思議と思わない社会が出来上がっているって!
もうなんてこったい!ですよ

日本ではこんなこと絶対にやってはいけませんよ

こんなレベルで人と犬とが生活する社会が実現出来ていれば、そりぁ殺処分なんかする選択肢は生まれてこないな
というのが正直な感想です

日本でそのレベルのお利口さんならば、おそらくすぐに里親さんが見つかるでしょうね

ちょっと長くなったので
続きます
スポンサーサイト

山口県長門健康福祉センターより子犬の男の子を保護いたしました

先日また新たに保護犬を山口県長門環境福祉センターより受入れました
推定生後5ヶ月ぐらいの男の子です

まだ来たばかりなので怖がっていますが、比較的に社交的で明るい性格をしていそうです
環境に慣れてくれるのも早そうな感じです

ハッピーわんでは、まずは保護犬が安心して暮らせるように、そして新しい里親さんと幸せな生活をしてほしいので、犬の保護をすれば必ずある程度トレーニングを行います

とても手間と時間がかかる保護活動です

現在
☆今回の子犬の男の子
☆チワワじゅんぺい君
☆中大型犬の福くん

この3頭で保護枠をいったん区切り
里親さんが見つかり次第で次の保護犬または猫を受入れ開始致します

この3頭ともに里親さんを募集中です

どの子も里親さんになるには(しつけ方教室)に通って頂くのが条件ですが、ご興味があればぜひ申してください
また里親さん探しにもご協力頂ければ幸いです

どうぞ皆様よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

じゅんぺい君里親募集要項(クリックするとページが開きます)


保護犬チワワのじゅんぺい君里親さん募集中

じゅんぺい君の里親さんを募集中です

少し怖がりですが
甘えん坊でとっても優しいチワワです

「この子を我が家へ迎えてよかった」

と言ってもらえるよう
サポートさせて頂きます

またハッピーわんでは保護犬の頭数枠があり
じゅんぺい君が里親に出れば、次の子を保護することが可能になります

ぜひハッピーわん萩店へ、じゅんぺい君に会いに来てくださいませ!
ご検討お願い致します

★去勢しています
★今年の8種ワクチンは打っています
★フィラリアは陰性です

じゅんぺい君里親募集要項(クリックするとページが開きます)


D0FA9972-2373-48B8-BEE0-A61EE660C96B.jpg


しつけ方教室無料セミナー&説明会

次回の「しつけ方教室無料セミナー&説明会」の日程が決まりました
4/17(日)10:30~12:00です
定員最大10名で先着順で受け付け開始します
開催場所はハッピーわん萩店内です
ぜひ無料なのでお越しくださいませ(⌒∇⌒)

また、しつけ方教室のお申し込み方法ですが2つパターンを作りました

①無料のセミナー受講後、教室に通って頂く方法

②個別のカウンセリングを受けて頂いてから、教室に通って頂く方法

②の個別カウンセリングは
★飼い主さんのご都合に合わせた日程調整可能です
★飼い主さんのみのご参加となります
★お時間を90分程度頂きます
★有料です(¥3,780)

○ワンちゃんと暮らすために必要なこと
○なぜ困った問題を起こし、どうやって教えていけばよいか?
○また子犬を飼い始めたがどうしたらよいかわからない
○しつけをちゃんとしたい
○これから犬と一緒に生活をしたい

など、飼い主さんのお話しを聞かせていただき
そのご家庭に合わせたお話しが出来ればと思います
まずはカウンセリングを受けて頂いて、教室に通うかどうか
ご判断頂いても大丈夫です(⌒∇⌒)

詳しくはハッピーわん萩店までお問合せ下さい
楽しく優しくご一緒にトレーニングしましょう(⌒∇⌒)

じゅんぺい君の里親募集を開始しています
詳しくはこちらの記事をご覧ください(クリックするとページが開きます)



プロフィール

ハッピーわん

Author:ハッピーわん
山口県萩市平安古町で営業中
ペットショップ「ハッピーわん」
トリミング・しつけ方教室・ペットホテル・グッズ販売

人生の限られた出会いの中で出会うべくして会った愛犬たちに、出来る限りのことをしてあげよう。
そんな気持ちの延長線で1999年にOPENしました。

まだ犬を飼っていない方には飼う事の楽しさやすばらしさを、
飼っている方にも、
「安全で快適な暮らしをお手伝い出来るように」
そしてなによりも
「安心した生活が出来るように」
少しでも皆様のお力になれるようなお店を目指しております。

『ハッピーわん』
http://www.happywan.com

『ハッピーわんフェイスブック』
http://www.facebook.com/happywanpet

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク